読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔と眼・サイト

、いろいろなジャンルをカバー・魔と眼サイトです・よろしくお願いします。

魔と眼、成宮さんと槇原敬之さん

時代

成宮さんとソングライターの槇原敬之さんの報道の

類似点はいろいろありますが

今回はセクシャリティーについて記述したいと

思います

かつて槇原敬之さんも違法薬物とセクシャリティーに関して誤報された

事がありました

この構造は今回の成宮さんの報道と

かなり類似点が多いものでした

しかしながら残念なのはセクシャリティの問題が

当時の感覚と捉え方が同じで今、現在の性的マイノリティと

合っていない事にまるで気がつかずに

報道現場は現実社会とかけ離れた古い体制である事を

露呈したのだ。まさに人権侵害はなはだしい時代錯誤の報道の内容の記事だった

槇原敬之さんとの類似点があると述べたが

成宮さんは引退するまで追い詰められたのだから

その気持ちをおもうと心が痛みます

魔と眼、繰り返し

時代

飛鳥容疑者のタクシーの車内映像の問題は

まだ記憶に新しいだろう。

マスコミはこれといった謝罪もないまま、

再び問題を起こしてしまっている。

それは成宮寛貴さんの記事である。成宮さんが違法薬物を使用したとフライデーにゴシップ的に報じたものです。

部数さえ伸びれば良いといった誤った考えにより生じた問題です。

中には引退するのは本人がやましい所があるからと思う人もいるだろうが

事務所が検査しても陰性でしたし、警察に容疑者として逮捕されたわけではない。

この日本の法治国家基本的人権を侵害してはならない。

情報ソースがはっきりしないのに、これらを追随したテレビ局もひどいありさまである。

成宮さんは芸能界を引退するとしても疑いの目で見られるのは可能性が高く

無責任に報道したメディアは罪が大きい。

視聴率

視聴率はなんのため、あるのかと考えた時に

視聴者が番組に対して、どの程度、面白いと考えているかの

指数なのかと考えている人も多いと思います。

確かにそういった側面もありますが、

広告主やテレビ局のために必要だからあるともいえます。

視聴率の事で思い出す事柄の一つに

アニメのサザエさんがあります。

波平役の永井一郎さんが亡くなった時に

次の新しい波平役に茶風林さんが決まり

視聴率の事を報道しました。

永井一郎さんの頃より視聴率が下がったといった物だった。

アニメのサザエさんの内容やストーリーは変わらないのにメディアは

内容の面白さより茶風林さんに責任があると

マスコミは視聴率を持ち出したのだ。

今まで良い番組が終わってしまい残念に思った人も

少なくないだろう。また再開してもらいたい番組もあると思います。

そういった事は視聴率がある限り、

これから先も続いていくのだろうか。

この連鎖をどうすればなくす事ができるのだろうか。

やはりメディアが過剰に視聴率に対して

責任を視聴者に持っている限り、

視聴者が報道のトリックに気がつかなければ変わらないだろう。

 

メールを盗み読み

在り方

メディアでニュースになっていますが

アナウンサーやタレントの個人情報がサーバーから盗まれたと言う

報道がありました。

これは犯罪であり被害者の気持ちを察すると

もっと大きく報道していただきたい問題ではなかろうか。

この問題に対してメディアはメールやラインなどの取りあつかいを

もっと考えなくてはならない。

それはラインの情報を流されたベッキーさんの事である。

あれほどプライバシーを無視した報道はなかった。

少なくとも個人情報を侵しているが

タレント業という観点から仕方ないといった声も聞かれた。

では、先日にあった

飛鳥容疑者のタクシーの映像を流した問題はどうだろうか。

これは危険な情報操作なのではないだろうか。

一時的に収まっていた過剰な報道合戦も

マスコミの体質が治っていなければ、

なんの意味もないのではなかろうか。

 

魔と眼、もちつきが感染源

生活

今の季節、怖いのがインフルエンザや食中毒ではないだろうか。

以前、こんなニュースを目にした事がある。

公園の砂場遊びは不衛生として

遊ばせないという報道です。

また、駄菓子屋も、しかり不衛生だから

買ってはならないという風潮が世間に広がっている。

との事だった。

そして食中毒の危険があるという理由から

もちつきはしないでくださいといった内容のニュースが飛び込んできた。

日本人は何百年も、もちつきをしてきた。

正月をむかえて今は、なかなか、もちつきをするチャンスも少なくなってきた。

上記にも述べたが不衛生だからといって

なくなりつつある物もあります。

しかし、風情や文化、果ては日本人が培ってきた心まで

なくしてはならない。

そのうち夏のスイカ割りもなくなっていくのだろう。

 

魔と眼12月コラム

パジェロといえば三菱の燃える車を思い出す人も多い。

マスコミは一斉に三菱を叩いた。

確かに三菱もひどかったがマスコミの報道の仕方にも問題があった。

今までと比べて事故が特別に多いと思わせる報道をしていた。

それと関係団体からの広告料がマスコミに収入として

入っているので圧力により報道をおさえた事があります。

今でも高齢者ドライバーの事故が絶えないと報道しているが

昨年と比べたら、どの程度、多いのか。報道していない。

データによれば20代の事故率の方が高いですし視聴率が取れるような

報道で事実を曲げるのは、今も昔も変わらない。

視聴者は情報社会の中で

ネットで情報を精査する事ができる。

だがネットは万能ではないしネットを使えない人も多い。

だからこそマスコミは真実を報道しなければならない。

 

掃除機のコードの2つの色

twitterからのちょっとした投稿記事です

掃除機のコードにある黄色と赤色のテープ

なんのためにあり、意味があるのか。

赤色のテープは、これ以上は伸ばすと危険という意味。

では黄色はどのような意味なのかというと

最低ライン黄色のテープ以上は伸ばしてくださいという意味です。

あまり伸ばさないとコードが丸まってしまい、

火災の原因になるそうです。