読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔と眼・サイト

、いろいろなジャンルをカバー・魔と眼サイトです・よろしくお願いします。

こたつにあたりながら

冬といえば

ミカンにこたつと言うイメージが強い

その、こたつ文化はカーペットにはない

文化がある

それは、おこたと言う表現に集約している

数ある家電製品の中で日本人が、こたつに対しての

感謝があふれている。

おこたのお、には物にも魂がやどっている。と言う

日本人の意識が現れている。

 

外出

来年1月27日に外出の予定

赤羽にて朗読劇を見に行く

fbでお知り合いになったご縁で

初めてリアルでお会いする方々です

その日はもうひとつ楽しみがあります

もう何年も宮城に戻っていない

友人のため宮城の郷土料理のお店を

探しています

来年が楽しみでならない

 

手塚治虫さんに会いたい

子供の頃にとても難解だったのが

手塚治虫さんが描いた火の鳥があるります。

どこかストーリーが当時の私には釈然としなかった。

手塚さんの作品といえば鉄腕アトムリボンの騎士といったイメージが強く、

こういった内容の面白さは理解不能でした。

私が当時、見ていた作品ではないテーマが火の鳥にあった。

それは、言うまでもなく命を取り上げた作品に違いない。

人はどう生き、そして、必ず訪れる死と、

どのように向き合うのか?手塚作品の永遠のテーマではなかろうか。

 

命の尊さは今現在、とても問われている。

それを、まんがと言う作品で平和を訴えた手塚治虫さん、

子供の時にわからなかったが大人になって残る作品を

手塚さんは知っていたのだ。

私はこのような作品に会えた事に感謝したい。

魔と眼サイト開設

 

世の中、話題になっているニュースからグルメ、スポーツや趣味に

 いたる、ジャンルを取り上げる予定です

 

 皆さまのコメントや投稿も掲載するだけではなく

どんどん、取り上げながら

良いサイト運営につなげようと思っております

 

どうぞ、魔と眼をよろしく

お願いいたします

よろしければ読者登録を

お願いします